2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 東京ハンドクラフトギターフェスティバル | トップページ | 6/24(日)アズレン学園購買部5参加します »

2018年5月21日 (月)

東京ハンドクラフトギターフェスティバル(2日目)

20日(日曜日)、前日に引き続いて東京ハンドクラフトギターフェスティバルに行ってきました。昨日はブースを回ってギターの試奏するのを中心に動きましたが、本日はライブ中心。朝から何本もプレーヤーのライブを楽しみました。どれもみな素晴らしくて感動!やっぱギターは良いな!(*^-^*)

その中でも特に感動したのが、ギターの神様こと岡崎倫典さんのライブ!1970年代からずっと音楽界でトップを走り続けてきたギター界の巨人であります。そう、野球でたとえると王長島のような存在。僕も昔から大ファンで、いつもYouTubeで動画を見ては勉強しているというか。

今回は間近でその神業を観たいと思い、ライブ1時間前から入り口に並び、先頭で最前列をGET!40分弱の演奏を堪能しました。いや~、凄い!倫典さん凄い!!あの指の動き、どうやったら出来るんだ?

ライブ終了後、即売会でCDを買い、家から持ってきた最新の楽譜と両方にサインしてもらいました。握手までしてもらって超感動!ああ、最高の1日だよ~っ!(*^-^*)

さて、2日間楽しみまくったフェスですが、なにせマニアックなのがこのイベントの売り。今回もビックリするようなギターがいくつも出ていました。商品ベースでは、チェコのメーカー、フォルヒが今度売り出す、アコースティックギターライクなガットギター。ネックや全体の形状はソロギター向きのカッタウェイが入ったアコギなのですが、ナイロン弦が張られていて、音はガットギター(クラシックギター)のそれなのです。なんでも、アコギ弾きの人が気軽にクラギも弾けるように専用設計で作った逸品だそうな。今までもそういうギターがなかったわけではないけど、大抵がアコギにナイロン弦を張るためのブリッジを付けただけのなんちゃってギター。ところがこちらはナイロン弦で良い音が出るように、ブレイシングから専用に設計しなおしたスペシャルなのです。ううむ、やるなフォルヒ!これ、お金があったら即買いしちゃうぞ。

続いてビックリしたのが、アメリカの小さな工房が発表した、プリウォーギター。戦前のマーチンやギブソンのギターを、音だけではなく、見た目のダメージまで完全に再現したマニアックなギター。弾かせてもらうと、まるで古いビンテージギターを弾いているかのような錯覚にとらわれてしまうのです。ここまでやるなんてマニアックと言うよりオタクと言った方が良いかも。今年の夏~秋にかけて日本でもオーダー&販売が開始されるとか。ビンテージギターを探すより、こっちの方が良いかも。

最後に驚いたのが、木材のブロックをくりぬいて胴体を作ったギター。こちらは工房ソニードさんの作品ですが、和太鼓からヒントを得て、本来板を曲げて組み合わせて作る代わりに、木を削り出して作ってしまったそうな。そしてこちらの工房の隠し球が、1本の木から削り出して作ったストラトキャスター!本来エレキギターは、ボディ・ネック・ヘッドと別に作って後で組み合わせるのですが、全部まとめて一本の木から削って作ってしまったんだそうな。確かに音響特性はめちゃくちゃ良さそうだけど、コスト掛かりすぎじゃないか?とにかくアイディアにビックリさせられました。

今回もSUMI工房さんにはお世話になりました。まだ一度もオーダーしていないのに、親しくしていただきありがとうございます。頑張って稼いで近い将来かならずオーダーしますので、今しばらくお待ち下さい。今回の新作も本当に素晴らしいギターでした。ああ、倫典さんモデル欲しいな~。(*^-^*)

« 東京ハンドクラフトギターフェスティバル | トップページ | 6/24(日)アズレン学園購買部5参加します »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597761/66742467

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ハンドクラフトギターフェスティバル(2日目):

« 東京ハンドクラフトギターフェスティバル | トップページ | 6/24(日)アズレン学園購買部5参加します »